オススメ!気になる!ブログ

オススメできることを記事としてアップしていきます♪

気を付けなければいけない熱中症 ②熱失神

スポンサーリンク

f:id:kapinnmaru:20180805000315j:plain

 

熱中症の初期症状として、めまいや立ち眩み、一時的ではありますが失神があります。

 

これらは熱失神と呼ばれ、体内に熱がこもってしまい脳への血流が減ってしまうこと、

脳自体の温度が上がってしまうことが原因で起こってしまいます。

 

熱失神の特徴

 

はめまいや失神だけでなく、倦怠感や吐き気、嘔吐や頭痛なども共に起きてくるということが多いということです。

 

失神っというだけあって突然倒れるというケースが多く見受けられます。

スポンサーリンク

 

 

対処はどうすれば?

 

めまいや立ち眩みがある場合は必ず意識がはっきりしているかということを確認してください。

意識がはっきりしている場合→涼しいところへ移動して、可能であれば横にしてください。そして出来るだけ速やかに体温を下げてあげてください。

太い血管の通っているところを重点的に冷やしてあげると効果的です。

そしてしっかり水分補給をしてください。水のみはNGです。

吐き気や嘔吐で飲むことができない場合は医療機関へ連絡です。

 

意識がもうろうとしている→すぐに医療機関に連絡。

 

ある程度知識があり、対処の仕方がわかっていても、いざ!目の前に疑いのあるかたや、倒れている人がいたら動揺して何もできないということはよくあることだとは思います。

 

ただ現状この暑さで毎日のように熱中症で運ばれた等のニュースが流れるぐらいなのでその場に出くわした時に焦らず対応できるようスポーツの現場や、そういった熱い環境下での場面にいるときは常に対応できる心構えが必要だと思います。