オススメ!気になる!ブログ

オススメできることを記事としてアップしていきます♪

日大の選手による声明文

スポンサーリンク

選手たちにここまでさせている体制が情けなさすぎる。

 

こうでもしないと変わることのできない体制だということがよくわかる。

 

本来であれば大学生活を楽しみながらスポーツに打ち込み上を目指して頑張っているはずなのに・・・一生に一度しかない今という時間を・・・

 

何かのニュースで見たのですが・・・確か静岡だったかな?部活の監督やコーチは選手たちがしてほしいという先生に交渉する。契約期間は1年で毎年毎年交渉するという制度。

 

良くないですか?選手たちにも選ぶ権利はあります!

 

時代の流れですね・・・でも仕方ないですよ・・・体罰等まだまだニュースにたくさん

出てくる今、今までとは違うことをしなければ変わることができない。変わろうとしな

い。今まではこうだったからという考えでは次の一歩が踏み出せないよ・・・

 

従わなければいけないということはなくなるのではないかと考えています!

選手が先生を選び交渉する。

選手からの信頼がなければ交渉の候補にも挙がらない。

もしその先生がしたい、続けたくても選手からの信頼がなければいけない。

普段からしっかりとコミュニケーションをとる必要が出てきますよね!

ただただ何も言わない先生がいいなんてことは選手は望んでいない思います。

スポーツをする以上目指すためにはあたりまえです!

上を目指すにはどの先生に交渉すべきかというのは選手たちが一番よくわかっていると思います。

そう考えると今回のようなことは起きなかったんじゃないかと思います。

 

よく顧問として学校側が依頼し、就任という形もあるかとは思いますが、それも・・・

どうなのでしょうか・・・という風にもなってくるのですが・・・

学校側はそれでいかもしれませんが、どのような指導をしているのか、しっかり学校側が把握しているとは思えません。もちろんそれでうまくいってるところもあると思います。

いつも思うのですが、この学校側が顧問として選びその人が就任する・・・すでにもう会社みたいですね・・・

でもそれは本当に選手たちの事を考えてくれているのかというところには疑問が付きます。

 

いろいろ書きましたが、意見は人それぞれです。

 

あくまでもこれは僕個人の考えですので・・・

 

選手たちが早期に以前と同じように上を目指し練習ができる、試合ができるように願っています。